内閣府の子ども・子育て支援新制度 企業主導型保育施設 一時保育 モンテッソーリ教育 もりのこなーさりー
 




森の子ナーサリーは、
”子どもの最善の利益”を第一に考え、
子どもの「一人でできた」を大切にする保育を
モンテッソーリ教育の理念を通して実践していきます。

モンテッソーリ教育を土台に子どもの発達段階や
「敏感期」を見極めて、子ども一人ひとりに合った活動を提供します。


モンテッソーリ活動で使う教具のご紹介
手の平でつかむ。穴に入れる。
入れたボールが、一度消えてまた目の前に出てくることで、物の連続性や自分の行動(入れたこと)の結果がわかり、「達成感」をもてる。
中指、人差し指、親指の3指でつまんで、
立っている棒に入れる。
入れたリングが、積み重なることで、
重ねた数の量感が見えて、「達成感」がもてる。
また、棒の色とリングの色をそろえることで、
色をそろえる「秩序」を感じることができる。
「つまみ」を、中指、人差し指、親指の3指でつまむ。
「まる・さんかく・しかく」の形の概念、
「大きいまる・小さいまる」の大小の概念
を遊ぶうちに感じることができます。

これらの「つまむ」活動は、「箸を持つ」「えんぴつを持つ」
につながり、自分のやりたい活動を子ども自身が選んで行うことで、「集中力」を養います。

1日の流れ
7:00〜
 随時登園、自由遊び
   
8:00〜
 日課(モンテッソーリ活動)
10:00〜
 戸外遊び等
11:00〜
 昼食  
12:00〜
 午睡  
14:30〜
 おやつ  
15:00〜
 遊び
16:00〜
 順次降園
18:00〜
 延長保育
19:00〜
 完全降園
   
 ※あくまで目安です。
 年齢、発達により時間は前後します。

 
            


 
社会福祉法人 恵比寿会 森の子ナーサリー
〒190-0013 立川市富士見町2丁目36-43