内閣府の子ども・子育て支援新制度 企業主導型保育施設 一時保育 モンテッソーリ教育 もりのこなーさりー
 




一人ひとりの子どもの主体性を育み、
「自分でできた!」
を大切にする保育」を実践します。
 

手をのばして、前にあるものをつかもうとしている子ども。
その子どもに、「はい」と欲しいものを予想して取ってあげることが、
親切な保育士であり、よい保育なのでしょうか?

取ってあげるのではなく、よく見守りながら、
自分で取れるように援助してあげるのが、
「森の子ナーサリー」が考える保育の方法です。

子どもの「取りたいという気持ち」が、主体性を育み、
「取れた!」という達成感は、すてきな笑顔となって、自信を育みます。



日々の生活のなかで、
小さいけれども、大切なことをしっかりと見つめながら、
子どもの気持ちや身体の成長や発達を、
保護者のみなさまといっしょに喜びながら、
保育をしていくことを楽しみにしています。


 
社会福祉法人 恵比寿会 森の子ナーサリー
〒190-0013 立川市富士見町2丁目36-43